1. HOME
  2. ブログ
  3. 雛菜雛子 個展「H美学に反する處女の王国」10/23~28

雛菜雛子 個展「H美学に反する處女の王国」10/23~28

美術家 雛菜雛子(ヒナナヒナコ)氏の個展「H美学に反する處女の王国」が、2018年10月23日(火)~28日(日)にかけて開催されます。場所は銀座の ヴァニラ画廊 です。

「死の中にある王国・ヒナコルメル」の物語
ぬいぐるみと人形と
ひとりの王国に暮らす處女
ひとりの王国はこの世の終わりヒナコルメル
死の中にあります
死の中の王国から
あらゆる死の記念碑がやってきました
聖なる油彩画、人形、イコン、秘密の宝物…
その中心に祀られているのは處女?人形?
さあ貴方の葬儀をはじめましょう
わたしたちの結末は死です

ヴァニラ画廊

この度、美術家・雛菜雛子の個展を開催いたします。
世界的ブームとなった原宿カワイイ文化に代表されるポップ&キュートな「少女」の世界。雛菜雛子はそれと一線を画し、少女の内側に潜んだ暗黒面、自慰的な死、ナルシシズムなど、儚げな闇の世界を「癒し」として描いてきました。

まぶしすぎる光だけでは成しえない、暗くよどんだ闇に身を浸すことでしか得られない癒し。その闇を必要とする人々に作品を届けるのが、雛菜雛子の背負った宿命です。

この独自の作風は国内だけでなく、アメリカのカルチャー誌「VICE」が運営するフェミニズム特化サイト「Broadly.」やファッション誌「GLAMOUR」のドイツ版で取り上げられるなど、海外からも他に類のない女性作家として注目されています。

ヴァニラ画廊では5年ぶり2度目の開催となる今回の個展では、新作の大作油彩画や繊細で妖艶な立体作品などを発表いたします。この機会に「闇の癒し」を是非ご体験ください。

引用:ヴァニラ画廊

展示作品

 

画像出典:ヴァニラ画廊

雛菜雛子(ヒナナヒナコ)

画像出典:作家Official Web

美術家・油絵画家。少女を描いた油彩画のほか、立体、インスタレーションなど様々な作品を制作しています。

2012年より作家活動を開始し、同年からヴァニラ画廊やBunkamura Galleryなどを中心に展示活動を行っています。

関連リンク

Official WebTwitter

 

「H美学に反する處女の王国」

イベント詳細:ヴァニラ画廊
期間:2018年10月23日(火)~28日(日)
入場料:無料

▼開催時間
平日:12:00~19:00
土日祝:12:00~17:00

会場:ヴァニラ画廊 ※展示室B
所在地:東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F ※新橋駅

関連記事

最新記事

検索