1. HOME
  2. 出版情報
  3. 2019年4月刊行
  4. 川端龍子「龍子 RYU-SHI」4/10

川端龍子「龍子 RYU-SHI」4/10

川端龍子(カワバタリュウシ)の作品集「龍子 RYU-SHI」が、2019年4月10日に刊行されます。204ページ ソフトカバー、求龍堂 からの出版です。

紹介

没後50年を迎え、近年ますます大きな注目を浴びる近代日本画壇を代表する巨匠の一人・川端龍子の作品集。
大田区立龍子記念館が所蔵する全作品および新収蔵作品を収録。
書籍兼所蔵品図録としては初の作品集となり、日本画研究に寄与するとともに、最新の研究成果を交え、川端龍子が提唱した「会場芸術」作品を大判サイズ、見開きで鑑賞できる。

目次

区長あいさつ
目次・凡例
山下裕二先生 論考

第一部:洋画から日本画へ―院展時代の龍子―
第二部:青龍社の旗揚げ―設立から太平洋戦争終戦まで
第三部:青龍社とともに―戦後の制作活動―
第四部:円熟の境地へ―文化勲章受章から最晩年―

所蔵資料
龍子の画業
作品解説+資料
年譜
掲載作品一覧
英語版本書概略

収録内容

引用:版元ドットコム

川端龍子(カワバタリュウシ)

戦前の日本画家・俳人。1885年 和歌山県和歌山市出身。1966年80歳没。
大胆な発想と力強い筆致で構成された迫力に満ちた作品は、発表当時「昭和の狩野永徳」とも評されていました。

購入はこちら

| 2019年4月刊行