1. HOME
  2. 展示レポート
  3. 飯田嘉子・大竹京 2人展 | 布花と人形達Ⅵ

展示レポート

飯田嘉子・大竹京 2人展 | 布花と人形達Ⅵ

2017年10月に開催された、飯田嘉子(布花作家)・大竹京(人形作家)の2人 による展示「布花と人形達Ⅵ」です。飯田氏は40年に渡り布花を作り続けています。神奈川県横浜市で布花教室を主宰しており、布花・人形・アクセサリーなどを扱うギャラリー兼ショップを経営しています。2017年1月には、作品がNHKの連続ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」に登場しました。

大竹氏は1981年から独学で人形制作を開始し、2年後に人形教室を開設。89年からは人形作家 吉田良氏に師事しました。90年代後半からは各地で人形展を開催し、人形写真集の監修や球体関節人形の講習会を全国各地で開催しています。

また先述したドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」に登場する人形を制作し、その美しさに視聴者から多くの評判を得ました。

展示のようす

大竹京 作

 

飯田嘉子 作

 

飯田嘉子 作

 

大竹京 作

 

大竹京 作

 

飯田嘉子 作

 

飯田嘉子 作