1. HOME
  2. ブログ
  3. 白野有 個展「OPEN」4/18~29

白野有 個展「OPEN」4/18~29

白野有 個展「OPEN」が、2019年4月18日(木)~4月29日(月)にかけて開催されます。開催地は墨田区の gallery hydrangea です。

東京初個展となり、新作11点・旧作の箱型作品などが展示されます。会場では arukaremia 氏による、ピアノをベースとしたアンビエント曲が流れます。

展示について

2019年4月に当ギャラリーにて白野 有さんの個展を開催致します。本展示会のメイン作品は会場で【開ける】という行為を選択しなければ全貌をご覧頂く事は出来ません。

それを選択できるのはギャラリーでも作家さんでもなく、お客様ご自身です。物語の扉をお客様ご自身の手で開けて下さい。その扉の向こうに広がる未知の世界をご高覧頂きたく存じます。

コンセプト

扉を開ける、本を開ける、人や自分を受け入れる、空いている、広がっている、空間と空間を遮っているものを「開ける」を本個展のテーマにしています。閉ざされた空間の中でしか見えないこと、誰にでも開かれているからこそ見えることがあり、その両方に価値があると感じています。

扉を開けるという行為は、時には少し勇気のいることであったりもします。しかし、遮っている物の向こうには、今ここに在る空間とは別の空間が存在しています。

メインビジュアルの扉型作品は、撮影・SNSなどでの画像のアップロードをご遠慮願います。ご自身でギャラリーの扉を開け、作品の扉を開けて頂きたいからです。

作家プロフィール

生活している中で、現実に目の前で起こっている事象を見た時に視覚とは別の自分の中で見えた映像を思い出し、それを元に描いています。

楽曲アーティスト

arukaremia(アルカレミア)

 

1997年生まれ。19歳から作曲に触れる。自ら拾い集めた日常の中に点在する音をsamplingしてピアノの旋律に重ねる手法でambientな楽曲を制作している。

緻密な計算で構成された楽曲は海の中で最後に耳にした音の記憶のように美しく儚げで、聴く者を非日常の世界へ誘う。今後の活動から目が離せない期待の若手アーティスト。

2019/4/18 second albumリリース予定

引用:gallery hydrangea

白野有|シロノ ユウ

大阪 在住。細密な線と古書を連想させる淡い色合いで、琴線に触れるような儚くも美しい世界を描いています。

京都市立芸術大学大学院修了。97年に個展を神戸で開催し、以降 大阪・東京を中心に展示活動を行っています。18年にはアトリエサード出版『ExtrART file.16』や、スペインアート誌『The Guide Artists』に作品が掲載されました。

関連リンク

TwitterInstagram

「OPEN」

イベント詳細gallery hydrangea
期間:2019年4月18日(木)~4月29日(月)
開催時間:13:00~18:30(最終日 17時まで)
休日:23日(火)、24日(水)

会場gallery hydrangea
所在地:東京都墨田区東向島1-3-5

関連記事